振袖レンタルや成人式の前撮りから着付けならきものやまと

0120-18-8880営業時間 9:00~18:00

  1. WEB来店予約
  2. カタログ請求

振袖ワンポイントレッスン

マナー編

ステップ1~基本編~

歩き方

背中で結んだ帯を重く感じて、前屈みになってしまいがちです。 でも、姿勢が悪いと美しく見えないだけでなく、着崩れの原因にも繋がってしまいます。

また、バタバタと音を立てたり、足を引きずるような歩き方では折角の振袖姿も台無しです。

背筋をキチンと伸ばし、やや内股気味で歩幅を狭くしゆっくりと歩くと、しなやかで美しい歩き方になります。

 

※裾さばきを楽にするコツ

着付けが終わって最初にしておくと良いのが「裾割り」です。

足を肩幅に開き、裾まわりを左右に開くように膝を2〜3回曲げ伸ばします。

振袖や長襦袢の裾の動きが楽になり、着崩れも防ぎます。 裾割りが終わったら上前と下前を整えてください。

階段の昇り降り

裾まである長い袖には十分注意を払わなければなりません。

自分で踏んでしまったり、どこかへ引っ掛けてしまったり、と毎年のように失敗談を耳にします。 その中でも最も多い失敗は、階段での昇り降りの際、袖を引き摺ってしまうこと。

振袖を着た時の階段の昇り降りのコツをアドバイス!

 

1:階段より少し歩幅を小さく、背筋を伸ばして歩くのが基本。

2:階段の昇りは、上前と下前(ひざ前部分)を少し持ち上げ、

  裾でつまずかないように。

3:降りは、裾を階段で擦って汚さないように、袖の左右を合わせ持ちます。

椅子の座り方

椅子の背もたれには帯結びがぶつからないようにし、バッグは後ろに置くのが基本です。

袖を重ねて体の前に合わせ、軽く手で押さえておいて、片手で膝の裏を押さえながら座り、手は膝の上かテーブルに添えます。 背筋を伸ばして浅く腰掛けるのがポイントです。

正座の仕方

膝を曲げる前に、振袖の前裾を持ち上げると膝から下に余裕が出来ます。 また、右手で膝下あたりを押さえながら座ると裾が乱れません。

座っている間は、袖を左右もしくは後ろに軽く流して、両手を膝の上に自然に重ねます。

立ち上がる時は、両手を膝の上に乗せた状態で、腰を浮かせ両足のかかとを同時に上げ、その上にお尻を乗せます。 上前を押さえながら、右足から立ち上がります。

車の乗り方

とにかく落ち着いて乗る事が一番大切です。 裾を装履で擦って汚してしまったり、袖をドアに挟んでしまったり、着崩れをおこしたり… そんな失敗をしない、車の乗り方のコツをアドバイスします。

 

1:シートの背もたれ側にバッグを置けば、帯の下に収まります。

2:袖と袖を前で合わせて揃えます。

  乗る時は腰からが鉄則で、頭や足からは絶対にNGです。

3:前席に右手を添えて、くるっと体を回転させます。

  背中をもたれないよう、前席に手を添えて座ると楽です。

お手洗いの仕方

たもとを肩から背中の帯の上にはね上げると、引っかかってずり落ちないから安心。

股上の浅いショーツは、着脱しやすいから便利です。

 

※お手洗いを出る前にチェック

帯のすぐ下にあるおはしょり。

その後ろの部分がお手洗いでめくれてしまう場合があります。

手のひらでなでるだけで元に戻りますので、裾や衿元と同様にチェックしましょう。

ステップ2~応用編~

カメラに向かって左右どちらかに軽く体を向けると、すっきりとした印象になります。洋服と違って足先が開いていると格好が悪いので、つま先を両方内側に向けて。一番やってはいけないのが「がに股」です。普段から、気をつけましょう。

 

 

食事のマナー

お気に入りの着物を汚さない為にも、ナプキンは必需品です。 お食事の際は、恥ずかしがらずに衿に挟んでおきましょう。

モノを取る時は、片方の手で袖を必ずつまみ押さえることを忘れずに。

 

手を挙げるとき

成人式や卒業式、結婚式など、親しい友達と沢山出会う場面では、嬉しくてついつい手を振ってしまいます。

でも、大きく手を振ると二の腕が出てしまいます。 また、電話を掛けるときも腕が見えてしまうと折角の振袖姿も美しくありません。

腕が見えそうになるときは、片手を添えて隠すと、美しく清楚なしぐさとなります。

 

装履を脱ぐとき

後ろ向きに上がろうとすると、裾を踏んで転倒してしまうことがあります。 そのままの向きで上がり、その後膝をついて座り、装履の向きを変えればOKです。

 

ものを拾うとき

ものを拾う時は、前屈みにならず垂直に座ることがポイントです。

まず両袖を揃え、片方の手でまとめます。それから落ちたものの横に立ち、ゆっくりしゃがみます。その際、上前身頃が開かないように注意して下さい。

立ったままの状態で腰を曲げて取ろうとすると、バランスを崩してしまうこともあるので気をつけましょう。

 

お辞儀の仕方

背中を丸めたり、頭だけをカクッと垂れるのはとても子供っぽく映ってしまいます。 

立った姿勢でも、座った姿勢でも、背筋は真っ直ぐにすることが大切です。 

また、腰を支点にして体を倒すようにすると美しいしぐさとなります。

振袖ワンポイントレッスン

来店のご予約・カタログ請求Reserve & Catalog

ご来店、カタログ請求をお待ちしております。
ご来店の際は、初めての方でも安心してご利用いただけるよう、やまとのスタッフが親切、丁寧にご対応させていただきます。

PAGETOP