振袖レンタルや成人式の前撮りから着付けならきものやまと

0120-18-8880営業時間 9:00~18:00

  1. WEB来店予約
  2. カタログ請求

振袖ワンポイントレッスン

お手入れ編

たたみ方

振袖のたたみ方(本だたみ)

直線裁ちの着物は 、四角に折り畳むことができます。 縫い目に沿って正しくたためば、かさばらずシワもほとんどつかないので、 次にお召しになるときもきれいに着ることができます。 お手入れの第一歩として、振袖の畳み方をご紹介します。

 

手順1 衿を左、裾を右にして振袖を広げ、 手前に来る下前(手前側)を脇縫い線で内側に折ります。

 

手順2 衽(おくみ)線に沿って、衽を手前に折り返します。 衿は内側に折って両角を三角形にして内側へ。

 

手順3 上前と下前の衿と衿先裾が揃うように、上前を折り返して下前に重ねます。

 

手順4 上前の脇縫いを、下前の脇縫い線に重ねます。 同時に両袖も重ねると、ちょうど背縫いで折り畳んだ状態になります。

 

手順5 上前側の袖を、袖付け線から身頃の上に折り返します。 次に裾を持って身頃を二つ折りにします。

 

手順6 肩山と身頃の下を持って、全体を裏に返し、下前側の袖を身頃の上に折り返します。

長襦袢のたたみ方(振袖用)

長襦袢の畳み方は着物と少し異なります。 肌着類もこの畳み方で片付けると良いでしょう。 正しく畳めば、かさばらずシワもほとんどつかないので、次にお召しになるときにもきれいに着ることができます。 お手入れの第一歩として、長襦袢の畳み方をご紹介します。

 

手順1 衿を左側にして広げ、上前が上になるようにして、脇縫い線で内側に折ります。

 

手順2 次に下前の脇縫い線が、身頃の中央になるように折ります。

 

手順3 下前側の袖を、袖口が折り目から1〜2cm内側になるよう折り返します。

 

手順4 上前も下前も同様にして内側に折り、上前側の袖を折り返します。

 

手順5 裾を持ち、二つ折りにして重ねます。

 

手順6 左側に衿が少しでます。

保管方法

湿気のない、日陰で保管

購入時の、お持ち帰り用の箱のままで保管するのは避けて下さい。紙の箱は湿気を吸収し、その湿気は中の着物に影響を及ぼします。桐のタンスでの保管が理想ですが、桐の箱や通常のタンスでも構いません。

まず、湿気から守ることを考えましょう。

半年に一度の虫干し

着物には湿気が大敵です。収納場所にかかわらず、半年に一度は虫干しすることをおすすめします。

なお長期間しまっておくと、湿気がたまりきものが痛みますので、時々風を通すことがポイントです。

振袖の保管にお困りの方はこちら

振袖お預かりサービス

振袖ワンポイントレッスン

来店のご予約・カタログ請求Reserve & Catalog

ご来店、カタログ請求をお待ちしております。
ご来店の際は、初めての方でも安心してご利用いただけるよう、やまとのスタッフが親切、丁寧にご対応させていただきます。

PAGETOP